そして、また、酒を飲む

公私共に、この数年間実に色々なことがあって、それまで足繁く行っていたバーから足が遠退いていた。それを心配していて下さったのが、バーリーのI氏だった。毎年年賀状に、どうしているんだ、大丈夫か、と書いているのを目にして、ああ無沙汰をしてしまっている、と思いつつも、敷居が高い、という感じで行けずにいたのだった。

しかし、いつまでもこんな無沙汰をしているわけにはいかない。そう思って、昨年の暮れ、ついにバーリーに赴いた。つもる話に、気がついてみたら明け方手前の時間で、I氏にクルマに乗せてもらい(誤解なきよう強調しておくが、I氏は仕事中は飲まない……彼は手持ちの酒だったらおそらく 100 % ノージングだけでチェックできるので)帰路についたのだった。

ちなみに、僕が無沙汰をしている(&していた)リスト、とでもいうものを下に挙げておこう。

他にもBar Neatとかホテルバー(エストマーレとかFONTANA DI TREVIとか)まあ色々あるんだが、とりあえず僕はark BARに関してはあまり積極的にはお薦めしない。銀座テンダーばりのハードシェイク、フレーク盛り盛りのカクテルは、見栄として以上の意味をあまり感じないからだ。そうそう、いつだったか、ここで一杯目にジンリッキーを頼んだら、横にいる客に聞こえよがしに「へー、ここで一杯目にジンリッキーだってぇ」とか言われて笑われたことがあったなあ。一杯目にジンリッキーを頼む、ということの意味も分からぬ馬鹿な自称スノッブが居着いている店が、少しは変わっていてくれれば良いんだが……そうそう、そして上に挙げていないStand Bar、ご存知の方もおありかもしれないが、こここそスノッブを気取りたい連中(そして彼らは良きスノッブですらないのだが)が屯しているので、未来永劫行く気もないし、他人に薦めることもしない。僕の主観で言うならば、ここはクソだ。僕がバーに関して悪いことを書くことは今迄もまず滅多になかったので、その僕がそう書くということでご理解いただきたい。

まあ、そんなことはどうでも良い。僕が特に無沙汰の為に敷居を高くしてしまっていたのが、名古屋で飲むようになって間もなくからずっと世話になっていたBar Barns、そしてYoshino Barで修行したT氏が満を持して独立したBar Kreisなのだ。聞くと、Barns は最近それはそれは繁盛していて、予約を取らないと飲みに行けないとのこと。では……ということで、T氏の Kreis に行ったわけだ。

一目でお互い分かったわけだけど、積もる話をするにはちと時間が遅過ぎた。店は繁盛しているのだ……僕は SMWS のボトルの中身をニートで数十分かけて飲み、上海を作ってもらい(このオールドスタイルのカクテルを作るのに必要なアニゼットを置いている店は最近どんどん少なくなっている……)、店を出た。彼はバリバリ最前線で働いている。うん。彼ならば当然だ。彼が芳野バーを任されたときから、彼がきっちり仕事をする人だということはよく分かっている。そう言えば、あのビルの電源が落ちて、一緒に懐中電灯持って原因探しをしたりしたこともあったっけ。その彼がオーナーバーテンダーになったのは、むしろ遅過ぎる位のことだったのだ。

そして、刈谷時代からの酒飲みとしての知り合いであったF氏の finch に行く。ここでも色々積もる話をしたのだった。今度は Barns に、予約をして行かなければ。H氏だけでない。O氏にもI氏にも、あまりに無沙汰をし過ぎているのだから。

耳だけの天国

カトリックのミサでは、司式を担う神父の説教がある。プロテスタントの牧師の説教みたいにパワフルな口調で行われることはほぼないわけだけど、いやいやどうして、なかなか聞いた甲斐のある話を聞けるものなのである。

僕の所属教会にF神父という司祭がいる。彼はフィリピン人なのだけど、カトリックの司祭だから、その地の言葉でちゃんと説教をする。訥々とした口調であるが故に、どきりとさせられることがあるのだ。先日の説教で、こんな話を聞いたのである。

ある人が亡くなって、その人は生前の行いが清いものだったので天に上げられた。その人が天の入口に着くと、天使が彼を案内して、門にあたる建物の中に通された。すると、そこの壁には一面に箱のようなものがしつらえてある。

「これは何ですか?」

彼が天使に聞くと、天使はその箱の一つを開けた。中には耳が入っている。

「全部、ここにある箱には耳が入っています」

と、天使は言う。彼が理由を尋ねると、天使は溜息をつきながらこう言った。

「この耳の持ち主達は、有り難い教えを、たくさんたくさん聞いてきたのです。だけど、その教えは耳から先には入らなかった。だから、耳だけが天に上げられたのです」

ああ、確かに、僕の所属教会にも、こいつは耳しか天国に入れないんだろうなあ、という輩がたくさんいるよなあ……いや、他人のことはさておき、自分自身はそうならないようにしたいものだ。

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address