『すこしあるこう』その後

さて。『すこしあるこう』に関しては、もうこれ以上詰めることはない(だってカラオケのコンペじゃないんだし、自分で歌うわけでもないし)ので、この間歌詞を付けた後は何もやっていない。あえて言うならば、ニコニコ動画の動画エンコーダがオーディオ的にはクソで、このエンコーダをスルーで通るような動画フォーマットを探さなければならなかったことが、労力の消費(というか空費というか)であった。

で、だ。その後どうなっているか。ニコニコ動画における「タグ 俺の妹がこんなに可愛いわけがないテーマ曲 を含む動画の検索結果」(要ニコニコ動画アカウント)を見てみると、僕の曲はかなり後の方に追いやられていることがわかる。このタグ検索は default では新しくコメントが付いた順に sort されるので、僕の曲にはコメントが付いていないということだ。

これはある程度予測していたことではある。動画の方を面白くしたり、今のアニメソングの傾向を反映した作風にしたり、あるいはニコニコ動画ユーザーに耳慣れたフォーマット(初音ミクなどの VOCALOID を使ったものなど)を踏襲しているものがやはりウケがいいようだ。まあ、その価値基準で優劣が判定されるんだったら、僕の曲が選ばれることはないだろうし、そもそもそんな価値基準だったらこちらからご勘弁を……というのが正直な心境だ。

ところが、どうも妙なのが、僕の曲に対して1日あたり10回程度のアクセスがコンスタントにかかっているようなのだ。このブログ経由で聞かれている方がそこそこおられるのか、あるいは審査関係者が無作為にチェックする中に入ってくるのか……真相は謎である。まあ、もしも少しは音楽的視点で評価していただけるのならば幸いなのだけど、とにかくこんなご時世だし、あまり期待しないようにしようと思う。それに、今や心を注ぐべきは、自分で歌う自分の曲なのだから。

2010/06/21(Mon) 12:15:29 | 作編曲・演奏・録音
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address