残酷さを隠すことは優しいことなのか

知人の某氏がお子さんの音楽発表会に行かれたところ、ある児童合唱団が『チコタン―ぼくのおよめさん』

を歌っているのを聴かれて「今でも歌われているのか」と驚かれた、という話を聞いた。

この歌は児童合唱のために書かれた組曲で、僕はたまたま何度か(かなり前のことだが)聴く機会があって知っていた。後で知人何人かに聞いてみると、関東では僕の世代ではあまり知っている人がいないようである。この歌は全編大阪弁で歌詞が書かれているから、なのかもしれない。

この歌の詞を書かれた蓬莱泰三氏は、『中学生日記』のシナリオなども書かれている方だが、理不尽さが人の幸福を呆気なく奪ってしまう、という、大人にとってもシリアスなテーマを、こんなに子供の視点から率直に描いた歌を、僕は他に知らない。男性だったら、この『チコタン』の前半部、主人公の男の子に好きな子ができて、「どうしてこんなに好きになっちゃったんだろう」とか「(チコタンの嫌いな魚を商う)家業の魚屋を継がなければならない身だからぼくは失恋したんだ」などと思い悩むくだりは、幼少期の淡い恋の思いの琴線に触れるところがきっとあると思う。それが、実にあっけなく、(大人の……この曲の書かれた当時の成長期の日本の)社会によってその想い人が失われ、やり場のない悲嘆と怒りに暮れる……世間ではこの歌は「トラウマソング」などと呼ばれているそうだが、とんでもない話で、多感な子供だからこそ、こういうものに触れて、そして親や兄弟と対話する必要があるのだと思う。

しかし、最近の社会は、こういうものを「優しさ」(精神科医の大平健氏が言うところの「やさしさ」)の名の下に隠蔽し、排除しようとする。まずキワモノ扱いし、「トラウマソング」の名の下にカテゴライズする。合唱曲としてはよく知られた曲だから、部やサークルでは取り上げやすい曲なのだろうけれど、例えば校内合唱コンクールなどで一般クラスの生徒に歌わせようとしたら、何かしら横槍でも入ってきそうな気配がする。結局それは、「やさしさ」溢れる行為であるように見せかけて、自分自身も精神的に少なからぬ重みを感ずる子供との「対話」を避けている(正確には「対話」で生ずる責任を負うことを忌避する)、というだけのことなのに。

『チコタン』は昭和44年(1969年)度文化庁芸術祭において優秀賞を受けている。そういう評価と、児童合唱の現場にいる人々の良心のおかげで、未だにこの局は歌い継がれている(最近も新版の譜面が出版されたりしている)。こういうものがなくなったら、きっとこの国は未来も含めてもうおしまいなのかもしれない。

ちなみに、上に引用した YouTube の動画(ちょっと前に、とある本で見かけるまで存在を知らなかった)であるが、これは学研映画が交通教育用に作成した16 mm フィルムの短編映画である。アニメを担当された故岡本忠成氏は、阪大の法学部から会社員を経て日芸に編入、卒業後は『日本昔ばなし』などの短編アニメを多数制作された方である。まさか自分の大学の先輩だとは思いもしなかったが……

そして、僕が不明にして知らなかったことがもうひとつあった。この曲には answer song とも言うべきものがあったのだ。

『日曜日〜ひとりぼっちの祈り〜』:

というのがある。これは……正直、重い。ぜひ御一聴いただきたい。

2009/09/12(Sat) 19:07:02 | 日記
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address