dvipdfmx 論争

何やら TeX Wikiちょいとキナ臭い論議になっている模様。うーむ。

僕も印刷業界の人ではないので何とも言えないんだが、少なくとも現段階で platex + dvipdfmx が LuaTeX + luatex-ja に完全置換され得るのか、と言われたら、それは no だと思う。機能的には後者は本当に充実してきていると思うけれど、特に大きな文書を扱う際の速度が全然違う。数百ページの文書なんて、この印刷業界じゃない僕ですらザラに扱うわけだから、やはり必要なのは必要だろう。

dvipdfmx が吐いた PDF で問題が生じたのは……ああ、2p になるように変換したら、Mac 上での扱いでフォントの割付けがおかしくなったことがあったような。このときは PS に変換してから Mac 上のプレビューを使って印刷したりしてたような記憶があるんだが、今はそういうこともしていないので何とも言えない。ただ、不具合があるならまず例を示して報告すべきだし、エラい人がこう言ってるから、というあの修正者の論調もちょっと受け入れ難いものを感じるわけだ。

それにつけても、こういうときに気になるのが……ああいう「こき下し的修正」に血道を上げる人ってのは、TeX を使ってどんな output を出しているのか、という話ね。もしくは、この道具がダメダメだ、と言っていて、商用ソフトを使う以外の代替策を提示しないというのはどうなんだろう、という話ね。まあ、僕はそういうことにかかずらあっている暇がないんで、生暖かく傍観しておくことにするけれど。

2016/06/21(Tue) 11:41:27 | コンピュータ&インターネット
Tittle: Name:

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(900)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address