あまりやりたくないんだが

iPod の HDD がとんだ上に、環境移行時のバックアップ用 HDD までとんでしまい、僕の音楽鑑賞のための環境は無茶苦茶になってしまっている。これを、心身の余裕のあるときに少しづつ修復している……という話をすると、修復って何なんですか? CD 突っ込んだら終いじゃないすか、とか聞かれることがある。

本来、僕は巷で言うところのデジタルリマスタリングを行うのは好きではない。しかし、時々だけどやらなければならないことがないわけでもないのだ。その辺りのことは以前に書いた通りなのだけど、今回はまた、この面倒な作業をしなければならないことになった。

今回の音源は『ルパン三世 愛のテーマ』である。この曲、何をどう聞いても、明らかにエレキギターが松木恒秀氏である。水木一郎の歌入りの方も松木氏(氏のギターを知っている人ならご存知のフレーズが満載である)なのだけど、インストゥルメンタルの方が、良い意味で抑制が利いているし、アンサンブルも明らかにこちらの方が優れている。

そんな訳で、僕としてはこの曲は是非とも手元で聞けるようにしておきたいわけなのだが、残念なことに、僕の手持ちの音源はテレビ用にミックスダウンされているもの(それ以外の音源を御存じの方がおられたら是非御一報下さい)で、おそらく 1/4 inch・19 cm/s のメディアから起こしたものらしい。しかも、当時のテレビで再生されることを考慮してのものだと思うけれど、ほぼリバーブなしでミックスダウンされている。これは毎回聞くのが少々辛い。

ということで、まず WAV 形式でセーブしておいてから Cubase に取り込む。Nomad Factory BBE Sound Sonic Sweet に収録されている D82 Sonic Maximizer を立ち上げると……ふむ。やはりこの手のアナログ音源には劇的に効果がありますな。かかってるかどうか分からない位にかけるのがコツなのだが、操作パネルの ON/OFF で比較すると、効果は一目(一聴)瞭然である。低音も少し足してやって、そこに軽くコンプをかけると、埋もれていた楽器のひとつひとつが浮き出してくる。右のアコギと左のエレキ、そして左のパーカッションが不自然でない程度に明瞭になるようにコンプで調整する。

FX チャンネルに SIR2 を立ち上げて、EMT-140 のインパルス応答ファイルを読み込む。本物のプレートエコーと違って、いじることのできるパラメータはプリディレイ位しかないのだけど、前後に色々細工をして、プレートっぽい音(パーカッシブな音の直後に、リリースの遅いコンプみたいに立ち上がっていく感じ)の残響音を作る。このチャンネルへのセンドを調節して、エコーの量を決めていく。トータルエコーの後付けというのはかなり乱暴な業なのだけど、テレビ用でとにかくエコーがかかっていないので、残響音を吟味さえすればちゃんと乗ってくれる。

残響を乗せたところで、最後にコンプ、リミッター、そして EQ で調節する。この音源は、事前に FFT で解析した結果、11 kHz 辺りを不自然に持ち上げているのが分かっていたので、それを除去するように補正して、トータルのダイナミックレンジを揃えてやれば、音源の完成である。どんな風になるか、比較してみていただこう:

ちなみに、オリジナルの方の音源は録音レベルが低いので、いわゆる正規化をして聴感レベルをリマスタリング後に合わせてあるのだが、まあ、こんな感じである。本当はこんなこと、しないで済むに越したことはないのだけど。

Your Summer Dream

The Beach Boys というと、いわゆるロックンロールや The Pet Sounds のイメージを持たれる方が多いのかもしれないけれど、彼等の 6/8 拍子のバラードには名作が多い。1963 年のアルバム "Surfer Girl" に収録されている "Your Summer Dream" もそんな曲のひとつである。

以前から、この曲をカヴァーしたいと思っていたのだけど、彼等のインストゥルメンタルの名曲 "Summer Means New Love"(浜田省吾がまだ愛奴というバンドを組んでいたときのデビューシングルである『二人の夏』にこの曲のメロディーが引用されている)とだぶって仕方ない。"Your Summer Dream" のオケは極めてシンプル(まだ Brian Wilson がスタジオミュージシャンを使い出す前の時期だから、この曲のドラムはデニスが叩いているのではないだろうか)なのだけど、どうしても "Summer Means New Love" みたいなストリングスを入れたくなって、よせばいいのにオケを作ってしまった。

歌入れをどうするかは今はまだ未定である。とりあえず最低限のメロをピアノで入れたので、よければお聴き下さいませ:

そういう季節になったので……

黄金の林檎

しばらく出先にこもることになりそうなので、この間使えるようになった US-144 を shannon に接続して、テストがてら過去の音源のリミックスをしている。不精(「無精」の間違いだろ?とか書く人がいそうな気がしてきたな……そういう人はこれを読んでください)をしてそのまま鳴らしてミックスしていたドラムを直すのがメインの作業である。

ドラムを不精して……ってどういうこと?と聞かれそう(これは聞かれて当然だろう)なので、もう少し詳しく書く。僕はAddictive Drumsというドラム音源を使っているのだけど、ドラムパートを打ち込んでこれを鳴らすと、ドラムキット全体がステレオミックスされたかたちで音が鳴る。僕はオールドスタイルなミクシングを好んでいて、ドラムも三点定位にする流儀なので、ハイハットとスネアのパンをセンターにして、そのまま鳴らして使っていた。まあこれでもちゃんとミックスダウンできるのだけど、細かいことを言うと、これではまだ不十分なのだ。

ハイハット、バスドラム、スネアの録音用に、各々に対応したモノラルのオーディオトラックと、モノラルの FX トラックをひとつ、タムとシンバルの録音用に、各々に対応したステレオのオーディオトラックと、ステレオの FX トラックをひとつ用意する。Addictive Drums のパネルで鳴らす音源を決めてやって、各々に対応したオーディオトラックに音を落としていく。これでモノラルで 3 ch.、ステレオで 2 ch. のドラムトラックができたことになる。

僕はさっきも書いたけれどオールドスタイルなので、ドラムはデッドな感じにするのを好む。だからハイハット、バスドラム、スネアにはゲートをかませて、付帯音を切ってしまう。細かいことをやっている場合はそこが切れてしまう可能性があるので、スレッショルドとリリースを慎重に決めてやる。バスドラムとスネアには更にリミッターをかける。

タムはリミッターだけ。今回はゲーティングする必要はなかった。金物もリミッターでダイナミクスを調整してやる。個々の音源の調整が終わったら、ミキサーに上げてバランスを取り、リバーヴへの送りを微調整してからバランスをもう一度取りなおす。大体こんな感じかな……まあ、もうこういう作業には慣れているので、そう時間がかかるわけでもない。

それにしても、技術の進歩というものは恐ろしい。僕がやっているのは、かつては録音スタジオで、24 tr. のアナログマルチと、Neve や SSL のラージコンソールを使ってやっていたことである。キーペックスのゲートの代わりに Cubase 付属のゲート、EMT-140 の代わりに Impulse Response 型の SIR2 を使っているけれど、昔なら億単位の金がなければ実現できなかったことが、なんとノートパソコン、それも DELL の高価でもなんでもないノートで実現できてしまっている。

高校生の頃、僕はよく音響関連の雑誌を図書館で漁っていたものである。吉田保氏が石野真子のシングルをレコーディングしているところを取材した記事を見て、チャンネルシートを必死になってチェックしたものである。あードラムはこう分けて録音するんだ、あーアイドルだとヴォーカルだけで4、5トラックも使うんだ……へーこれがキーペックスかあ、EMT のリバーブは?鉄板?へー金箔使ってるものもあるのか……なんて、どう考えても、手の届かない夢物語である。その筋の専門家になって飯を食っていけるならば触れられたかもしれないけれど、そうでもなければそんな知識が役に立つとは思えない。しかし……今、実際に自分が曲を録音するのに、あの頃仕入れた知識がそのまま役立ってしまっている。

僕らは黄金の林檎を手にしてしまった。夢物語と思っていたものを、現実に触り、使っている。けれど、あの頃輝いて見えた黄金の林檎の魔法は、今僕の手の内で、同じように輝いているだろうか?まあ……僕は輝かせているつもりでいるんだけど。これからも、手の内にしたこの林檎を、魔法使いになることを諦めてそう簡単に投げ出すつもりはない。今この林檎を手にしている人の中には、それが黄金だなんて思いもせずに、齧ってはポイ、齧ってはポイ、ってやってる人もいるけれどさ。

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address