accident

昨日の話である。昨日は、僕の所属教会でバザーがあったので、朝のミサ終了後、模擬店を回ってチヂミを食べたり、フィリピン料理を食べたりして、多治見修道院でワイン生産にたずさわっている福祉施設の模擬店でワインを買ったり……小雨が降っていたこともあって、教会のバザーと言うにはかなり寂しい状況だったのだけど、それでも昼食代わりのものを胃に入れて、帰路についた。

日曜の教会の帰りには、教会の近くにあるスーパーで食材を買い込んで帰ることが多い。昨日も、グレープフルーツの袋詰めとか餃子とか、安いものばかりあれこれ買って、それを背負って自転車に跨った。通りに面したスーパーの向こうには結婚式場があり、そこで角を曲がって、ふと視線を上げた、そのときだった。

ドン、キキィッ、っと音が聞こえ、それと同時に、目の前の四辻の中心で急停車した RV 車の前部にカラフルなものが舞うのが見えた。今のは……人か? いや、角に置かれたゴミでも引っかけただけじゃないのか……しかし、僕の網膜には人のような影が、空中に身を横たえるかのように飛ぶ光景が焼きついていた。近寄ると、グニャリと曲がったママチャリの前輪が目に入る。これはまずい。

RV から降りてきたのは若い女性だった。「大丈夫ですか」と、RV の左前輪の辺りに駆け寄る。僕も近付いてみると、50代と思しき主婦らしき女性が、角地にある美容室の駐車スペースに仰向けになっている。アスファルトと接触している後頭部からは……出血している。それも結構な量である。頭が浅い血溜りに浸っているような状況だった。

「ああ、どうしよう、どうしよう!」

スマホを片手に握りしめたまま、若い女性は軽いパニックに陥っているようだった。放っておくわけにはいかない。僕はその女性に、

「すぐに救急車を呼んで下さい」

と電話をさせる。番号を押す彼女の指が震えている。まあ無理からぬ事態であろう。

出血がひどいにも関わらず、主婦らしき女性は意識もはっきりしていた。「今起きますから」などと言うので、

「いや、駄目です。そのままの姿勢でいて下さい」

と慌てて制止する。「眩暈や吐き気はありませんか」と聞くと、のろのろと「いいえ、大丈夫です」という返事が返ってくる。しかし、打った場所が場所だし、出血もひどい。幸いなことに、この女性は完全に仰向けになっているので、自分の後頭部からの出血状況が見えない。パニックに陥らせないためにも、この姿勢を何としても維持させなければならない。僕は背中の荷物を探って、折り畳み傘を出して、地面に転がる女性の顔の上に差しかけた。

運転者の女性の声が聞こえる。

「え、ここですか?ここは、えーっと……」

再びパニックに陥りそうな女性に、通行人が通りの名と町名を教える。被害者の女性も冷静で、

「結婚式場の裏です」

とフォローしている。そんなやりとりを繰り返しながら、運転者の女性はどうにか消防に電話し終えた。

「電話しましたね」
「は、はい」

すると、被害者の女性が、

「あの、私の家、ここのすぐ近くなので、家族を呼んでもらえますか。電話番号は……」

と、すらすらと番号を言い始めた。運転者の女性がかけてみるが、どうやら席を外しているようで誰も出ない。

「出ませんねえ、どうしよう、どうしよう」

運転者はまた軽いパニックに陥りそうな状態である。

「この方の家の方には僕がかけますから。さっき電話したのは119番ですね?」
「は、はい!」
「警察には?」
「いいえ」
「じゃあそっちに電話する方が先です。警察に電話して下さい」
「は、はい!」

運転者に警察に電話をさせて、僕は被害者の状況を注視しようと視線を向けると、

「あの、家族は母の家の方に行ってるかもしれないんで、今から言う番号に連絡してもらえませんか?」

その番号にかけると、年配の女性らしき声で「はい**です」と聞こえる。

「あの、そちらの奥様が交通事故に遭われまして、救急の手配はしたんですが、お宅がご近所ということを伺いまして、ご家族の方、どなたかこちらに来ていただけますでしょうか」

と言うと、10秒程の沈黙(この10秒が、本当に長く感じられた)の後、

「しばらくお待ち下さい」

受話器の向こうで何やら話し声が聞こえた後に、男性の声で、

「お待たせしました」

ご主人だろうか。状況と場所を説明すると、「了解です」と聞こえて電話が切れた。

横を見ると、運転者の女性は電話し終えたのだろう、僕と同じように傘を地面の女性に差しかけて、女性の手を握っていた。その手は、やはり細かく震えていた。

不思議なもので、こういうときにふらーっと現われる見物人の中に、何も言わず冷静に行動する人がいるものらしい。救急車のサイレンの音に視線を上げると、こちらを見ながら何人かの人が救急車を誘導している。こちらも大きく手を振って、救急車が駐車しそうなスペースにあった自分の自転車を移動させた。サイレンを切った救急車がそこに滑り込む。

まず、救命救急士がコルセットを持って走ってきて、最初に首を固定した。そしてストレッチャと、体を持ち上げるための板を準備する。その横では、救命救急士がメモ帳を出して、運転者の女性と僕から事故の状況を聞き取って記録している。どうやら、女性と接触した瞬間、運転者から見て被害者の女性は死角に入っていたらしく、その部分は僕が補って、飛ばされた距離や姿勢に関して記録を行う。そのうちに、女性を収容する準備が整ったらしく、

「あのーそこの男の方」
「はい」
「我々でこの女性を持ち上げますので、この板を背中に沿って入れてもらえますか」
「了解です」
「では、せーの!」

数名で、首に負担がかからないように女性を仰向けのままで持ち上げる。僕は、渡された黄色い樹脂製の板を地面との間に押し入れる。勝手が分からず最初入れ過ぎてしまい、指示に従って位置を調整したところで、女性をそこに置き、今度は板ごと持ち上げてストレッチャに載せ、車内に収容した。

家族の男性も作業中に到着した。携帯で家と連絡をとっているらしい。僕ができるのはここまでのようだ。運転者の女性に声をかける。

「では、僕はそろそろ行きますね」
「は、はい! 有り難うございます!」
「いや、そういうことは気にしないで。まずは、落ち着いて下さいね」
「はい」
「あと、後々、証言とかで必要になるかもしれませんから……」

ということで、電話番号と名字だけを交換して、僕は帰路についた。

その後、今日の時点では何も連絡は入っていない。便りがないのは元気な印、であってほしい、と、今はただ祈っている。

なぜこうもドキドキするのか

ICONIA TAB A200 を root 化して、さあこれからどうしようか、と思案しているわけだけど、タブレット端末の root 化というのは、どうしてこうもドキドキするのだろう。

おそらく、その理由は、何かトラブルが発生したときに自力でどうこうするのに限界があるから、ではないだろうか。今迄 PC を触っていて、このようなドキドキ感を感じることと言えば、BIOS を書き換えるとき位のものだったのだが、BIOS の書き換えというのも、失敗した場合自力での復旧が難しい(ファームウェアにバックアップがあって、緊急時に書き込めるようなマザーボードもあるけれど)わけで、そういう観点で考えると、これはおそらく同種のドキドキなのだろう。

さて。では、これ以上タブレット端末のシステムを改変する必要があるのかどうか、これを書きながら考えをまとめることにしよう。システムをこれ以上改変する、というのは、クロックアップやファイルシステムの変更など、要するに高速化のため、というのが大きいわけだが、ICONIA TAB A200 をこれ以上高速化する必要があるのだろうか。

これは、あると言えばある、かもしれない。たとえば PDF を読んでいるとき、ページを改めるのに時間がかかって、イラッとして改ページのタップを2回行うと、数秒の後に2ページ進んでしまう、みたいなことがちょくちょく起きる。いわゆる「モッサリ」と形容される状態がこれなのだろうか。こういうことが減ってくれれば、それはその方がいいに決まっている。

ICONIA TAB A200 は nvidia 製のデュアルコア CPU を搭載している。この CPU は通常は 1 GHz のクロックで動作しているが、どうやら 1.5 GHz 位までのクロックアップが可能らしい。発熱やバッテリの問題があるかもしれないが、動作の軽快さという意味では今一つの感があるだけに、魅力がないと言えば嘘になる。

とは言うものの、今の時点でも、使用する上で必要なものは全て満たされている。青空文庫形式や PDF の電子書籍、各種通信、英辞郎……先日導入したキーボードに関しては、ctrl キーの位置変更やコマンドキーの認識などで難があるのだが、逆に言えばそれ位である。「お盆化」というリスクを考えると、そう性急に何かしてし損じることの方が、怖いと言えば怖いというのも確かである。

うーん。どうしたものかなあ。あまり手を加えても、仕事の道具としての比重をこちらに移せるというわけでもないんだから、そう労力を向けるべき話ではそもそもないんだが。

ICONIA TAB A200 の root 化

はじめに強調しておくけれど、以下に書くことを参考に何かされる場合は全て自己責任で行っていただきたい。僕は何も責任を取ることはしないし、することもできないので悪しからず。

皆さんご存知(?)の通り、Android は Linux の系譜に連なる OS である。kernel は Linux そのものだし、ファイルシステムも ext3 だから、系譜に……と言う必要すらないのかもしれない。

そうなると、システムに関わることを色々いじりたい、という話になってくる。たとえばメモリ管理をもう少し上手くやるようにしたい、とか、ファイルシステムを ext4 にして高速化したい、とか、クロックアップしたいとか……こういうときには、スーパーユーザ権限を得ることが必要になってくる。しかし、多くの(というか、ほとんどの)android 端末は、そのままでは root 権限を得ることはできない。

僕が使い始めた Acer ICONIA TAB A200 も、そのままでは root 権限の必要な作業をすることができない。で、google で探してみると、Acer Iconia Tab A200 Root Guides なる掲示板スレッドを発見。ここからリンクされている xda developers: → Acer Iconia A500 → Iconia A500 General → [Root][CWM][Unbloat] A200 one click tools にリンクされている "AcerA200 SimpleTool V2" なるツールを使えば root 化できそうだ、ということまでは分かったのだが、どうも思い切りがつかない。なにせ失敗したら「お盆化」(bricked) してしまうのだから、確実な情報が欲しいと思うのが当然である。

そのまま root 化せずに使用した方がいいんだろうか、と思い始めていたのだが、昨日、某所で Ice Cream Sandwich (4.0.3) の android を入れていてこのツールでの root 化に成功している、という人の存在を確認したので、悩んだ挙句、やってみることにしたわけだ。

まず、U の Windows XP の入ったノートブックを借りる。これは理由があって、Acer の提供している ICONIA TAB A200 を接続するための USB ドライバが、XP 32 bit, 7 32/64 bit にしか対応しておらず、手元の Vista 64 bit の端末にドライバが入らないからなのだけど(もちろん強引に入れられないわけではないんだけど)、まあ安全策ということだ。しかし、U は普段この端末をネットワークに接続せずに使用しているので、最初の数十分は、この端末のアップデートのために費されることになってしまった。

アップデート終了後、Acer のドライバを入れて A200 を接続し、"AcerA200 SimpleTool V2" のアーカイブを取得・展開したディレクトリのバッチファイルを起動すると、まず BIOS の unlock を行うかどうか聞いてくる。指示通りに処理を行わせると、どうやら unlock には成功した模様。では、いよいよ root 化の処理を行わせる。何度も再起動がかかるので、心臓には極めてよろしくない作業で、しかも最後に Superuser.apk のインストールに失敗する。やっべー大丈夫か? とメッセージをチェックするが、直前までで root 化自体は終了している模様。手動で Superuser.apk をインストールする。

一応再起動してから、Superuser を起動させると……ほー、出た出た。出ましたよ。これで root 化は完了したということになるらしい。アンチウイルスソフトの PIN コード変更とか firewall 機能、あるいはメモリ管理ソフトなどの起動を確認したけれど、どれも問題なくできる模様。

本当は Acer Iconia CM10 builds a200 とか入れるといい感じっぽいのだが、まだそこまではせず、情報収集に努めるつもりである。とりあえずここ暫くの懸案が解決したので、まずはほっとしている。

正論

風邪をひいた。近くに罹患者が何人かいたので想定し得る事態ではあったけれど、鼻から喉にかけて炎症が広がり、おまけに熱も上がってきた。

こういうときは、僕は耳鼻咽喉科に受診することにしているのだが、家の近所にある耳鼻咽喉科は二軒。片方はアレルギーの専門医でちょっと有名なドクターの医院なのだけど、ここは前にインフルエンザで受診したときにひどいめに遭わされた(持って行ったのにマスクを買わされたし、鼻腔や咽頭をろくに診ようともしないのである)ので、行かないことにしている。もう一軒は、実に良心的な年配のドクターの医院なのだが、ここはここで若干問題があるのである。

受診した僕の鼻と喉を慎重にチェックしたドクターは、

「うん、風邪ですね」

普通、こうくれば抗菌剤と総合感冒薬、あとはムコダイン等の耳鼻咽喉科がよく用いる薬が処方されるところである。しかし、このドクターはちょっと違うのだ。

「いいですか、Thomas さん。風邪は、ウイルス性疾患なんですよ」
「はあ」
「ウイルスに薬は基本的に効きません」
「はあ」
「ですから、今日はうがい薬とトローチだけ出します。これでちょっと頑張ってみましょう。ああそうそう、あと今日は入浴は避けて、早めに休むように」

いや、確かにそれは正論なんですが、せめて総合感冒薬位出してくれませんかね。熱、悪寒、喉の痛み、鼻水はどうしたらいいんですか。

というわけで、今日、知り合いのドクターに PL を処方してもらったのだった。なんだかなあ。

bluetooth のキーボード

先日から使い始めた ICONIA TAB A200 だけど、とにかくソフトキーボードが使いづらくってどうしようもない。もともと僕はキーボードに関してはそこそこうるさい方で、CTRL キーは a の横にないと気持ち悪いし、JIS 配列よりも ASCII 配列を好むわけで、この間に合わせのようなソフトキー(検出は甘いしチャタリングするし、とどめに enter キーが最下列にある、なんて、誰だよこんなクソキーボードデザインしたのは)ではいらいらが募るだけだ。

で、ハードキーボードを買うことに早々に決めた。しかし、ASCII 配列のを買うつもりがうっかりJIS 配列のモデルを発注してしまい、amazon に入金してからそのことに気づいた。幸いキャンセルは間に合ったのだが、ギフト券で返金されるまで3日前後かかるとのことで、今日までそれを待っていたのだった。

午後、amazon からメールが着て、そこにギフト券の ID が記載されていた。なんだよ、online で処理されるんだったらこんなに待たせなくてもいいだろうに、とぼやきつつ、英語配列のキーボードを発注すべく、端末でごそごそやっていたのだった。

僕はあまり深く考えず、エレコムの TK-FBM023EBK というのを買おうとしていたのだが、買う前に「同じ過ちはおかさないように」とレビューを見ると、何やらボロカス書かれている。んー? と、よくよく写真を見ていて、ようやく気づいた:

「キーの最下列がキーひとつ分右にずれてるじゃないか!」

いやーあぶないところだった。他の製品に変更したのは言うまでもない。もうすぐ、少しはこのタブレットも書き物に使えるようになるのかと思うと、それだけでも嬉しくなるというものだ。

ICONIA TAB A200

この1年程使っていた Windows ケータイ(そもそもそれ以前に使っていた端末に問題が生じて、半分嫌々使っていたのだが)の電池がもうもたなくなってきたので、機種変更することにした。スマホにしようかとも考えたのだが、縛られるのは嫌だし、仕事関係で Word や Excel のファイルを送りつけられて「スマホあるんだから即チェックできんだろ」とか言われるのも嫌だ。ということで、第二の選択肢をとることにした。

僕が使っている willcom では、Wi-Fi ルータ機能がついた PHS というのを出している。これは Wi-Fi と音声通話が別回線になっているので、Wi-Fi を接続した状態でも電話を使うことができる。そして、Wi-Fi を4時間もたせるために大容量のバッテリを搭載していて、このために音声通話のみで使っているとアホかと思う程電池のもちがいい。端末も小型である。

ということで、この端末を買おうかなあ……と思っていたところに、willcom からキャッシュバックキャンペーンの電話がかかってきた。しかし、多忙で対応できず、そのまま期限を過ぎてしまったので、また何か機会のあるときにでも……と考えていたとき、willcom から電話がかかってきた。

「あの、キャッシュバックの件なのですが」
「ああ、残念でしたが多忙で、期限内に購入できなかったんですよ」
「あの……実はですね」
「はぁ」
「あの2000円キャッシュバックのキャンペーンは先週末に終了したんですが、実は今週1週間、新たなキャンペーンを行っておりまして」
「はぁ」
「こちらのキャンペーンでは、キャッシュバックが5000円になります」
「……は?」

妙な話もあったものである。では購入します、ということで、WX02S PORTUS を買うことになった。今、この PORTUS を買うと、Lenovo IdeaPad A1Acer ICONIA TAB A200 のいずれかをセットで購入できる。本当は小さいタブレットの方が持ち歩きにも便利なのだけど、現行最新の Android 4.0 にアップデートできるということで、Acer の端末をセットにして購入することにした。

ということで、今週に入ってから、僕は毎夜このタブレットを触っている。一番最初にアンチウイルス(現時点ではフリーの Avast を使っているけれど、将来的には Kaspersky にするつもり)、電子書籍への対応(PDF と青空文庫形式のテキスト用ビューア)、「英辞郎」を参照できる辞書ツール(aDice……一部ユーザからはインターフェイスが android 的じゃない、とか文句が出ているらしいが、そんなこと言うなら自分で作ればいいのにさ)、それと各種ネット関連(facebook とか twitter とか mixi とか……)のツールを入れ、タスク管理ツールで無用のジョブを切れるようにしてある。現時点ではほとんど本としてしか利用していないのだが、近々、Bluetooth のキーボードを購入するつもりで、この外部キーボードと SKK for Android with hard-key とを組み合わせれば、書きものに使うのにも不自由がなくなるだろう。とにかく、あの画面キーボードは判定も配列も苦痛でしかないので。

豚レバーの生食?

生レバーは僕の好物のひとつだった。今は食べられないが、新しい殺菌消毒手法の開発で、遠からず再び口にすることができるときが来ると信じているのだが、最近、禁止されたはずのレバ刺しを堂々と出している飲食店がある、という話を耳にした。聞くと、なんと豚レバーを生で出している、というのだ。おいおい。

豚レバー、生で食べないで 厚労省が注意喚起

重い食中毒を起こす恐れがあるとして牛のレバ刺し提供が7月に禁止されて以降、豚のレバ刺しが一部の飲食店などで出されているとして、厚生労働省は4日、店や消費者に注意喚起を求める通知を都道府県などに出した。生で食べずに加熱するよう求めている。

同省によると、豚の生レバーをめぐっては、サルモネラ菌やカンピロバクターなどによる食中毒が2003年以降、宮城、群馬、神奈川、愛知、岐阜各県で1件ずつ、計5件報告されている。死者は出ていないという。

牛のレバ刺しは、腸管出血性大腸菌O157による食中毒の恐れがあり、加熱以外に防ぐ方法がないとして提供が禁止された。

まず、通常肥育の豚を生食する、というのは、正直言って気違い沙汰だとしか言いようがない。E型肝炎やサルモネラ菌、カンピロバクターなどの感染はもちろん、最悪の場合は豚の持つ有鉤条虫を取り込んでしまうことになりかねない。有鉤条虫は人間の体内では成体になることができないので、幼生である有鉤嚢虫の姿のままで、全身のあちこちを彷徨う。人体の中で有鉤嚢虫が死ぬまでに数年を要するといわれているが、脳や眼球など、命を落とす可能性の高いエリアにも、この有鉤嚢虫は入り込んでしまうのである。

有鉤嚢虫は主に豚の筋肉を生食することで罹患するといわれている。しかし、豚の肝臓を生食するリスクが低いというわけではない。では、たとえば SPF 豚に代表される、いわゆる無菌豚なら大丈夫なのか。これに関しては日本SPF豚協会のコンテンツを参照していただきたいのだが、SPF の生産者も、豚の生食ということを表には出していないのだ。たしかに、SPF 豚が話題になり始めた今から20数年前、ホテルのレストランなどでも、この豚を使用した生、もしくはレアでの豚肉料理が供されていたのを僕も記憶しているのだが、これだけ牛の生レバーが禁止された状況であっても、SPF 豚がその安全性を前面に出して生食用に供されているという話は聞かない。これはおそらく、と畜・解体のプロセスまで完全に独立・無菌化するまでに至っていない、ということなのだろう。

いずれにしても、豚の生レバーは、牛のそれと比較しても危険性があることには変わりはない。しかも、豚の持つ有鉤嚢虫に万が一罹患した場合、有効な駆虫手段はない。このリスクを十分に考慮した上で、自分で食べるかどうか決めていただきたいものだ。僕はちなみに、豚のレバーを生で食べる気にはなれそうにない。

Profile

T.T.Ueda
Tamotsu Thomas UEDA

茨城県水戸市生まれ。

横山大観がかつて学んだ小学校から、旧水戸城址にある中学、高校と進学。この頃から音楽を趣味とするようになる。大学は、学部→修士→博士の各課程に在籍し、某省傘下の研究所に就職、その2ヵ月後に学位を授与される(こういう経緯ですが最終学歴は博士課程「修了」です)。職場の隣の小学校で起こった惨劇は未だに心に深く傷を残している。

その後某自動車関連会社の研究法人で国の研究プロジェクトに参画、プロジェクト終了後は数年の彷徨を経て、某所で教育関連業務に従事。

New Entries

Comment

Categories

Archives(890)

Link

Search

Free

e-mail address:
e-mail address